こんにちわ。群馬の子育て主婦ミーです☆

お仕事や勉強、子育てなどなど…日々の疲れが溜まっている方が多いと思います。
何かいい気分転換にならないかな…とお探しのあなた!
本を読むことをオススメします!
本の世界にどっぷり浸かることが出来るため、嫌なことを忘れさせてくれます!
さらに読書をすることで新しい知識が増えたり、考え方が広がったりするため、自分自身の成長にも繋がります。

今回では、特に泣ける小説をオススメします。
たくさん泣いて心からリフレッシュしましょう!

1.『ちょっと今から仕事やめてくる』(著者:北川恵海 出版社:メディアワークス文庫)

映画化にもなった有名な作品です。
あらすじとしては、””ブラック企業””で働く主人公が自殺を試みようとした時、ある人物が助けたのですが、その人物はすでに亡くなっています…。
これは一体どういうこと?!なぜ主人公を助けたのか、などなど謎が分かると涙が溢れてきます!

2.『僕は明日、昨日のきみとデートする』(著者:七月隆文 出版社:宝島社文庫)

こちらの作品も映画化されましたね。
このお話は、主人公の男性が電車内である女性のことが気になって声をかけることから不思議なお付き合いが始まります。この出会いは偶然?それとも運命??
真実が分かった時にはきっとあなたも大号泣してしまうでしょう。

以上、選りすぐりの泣ける!小説でした!!
ぜひ読んでみてはいかがでしょうか(^ω^)